脱毛前には自己処理が必要【部位ごとに解説】いつやる?どうやる?

脱毛前には自己処理が必要【部位ごとに解説】いつやる?どうやる?

全身脱毛マメ知識

初めて全身脱毛や部分脱毛を行う人が、必ず悩むのが自己処理方法ですよね?

・シェーバーは何を使えばいいの?
・普段やっている自己処理方法でいいのかな?
・いつやればいいんだろう?
・どれくらいやればいいんだろう?
・手の届かない場所はどうするの?
・VIOは?

脱毛に通う前に知っておきたい自己処理に関して、詳しく解説いたします。

脱毛前・脱毛期間中にやってはいけない処理方法

脱毛前・脱毛期間中にやってはいけない処理方法

まず初めに、脱毛期間前および脱毛期間中に絶対にやってはいけない自己処理について解説いたします。

×剃る・切る以外の自己処理は絶対に禁止!

やってはダメ!

・家庭用脱毛器の使用
・毛を抜く行為
・脱毛ワックス・テープを使用した脱毛
・除毛クリーム・スプレーを使用した脱毛

これらがなぜダメなのかというと、脱毛効果を著しく下げる可能性があるからです。

医療脱毛にしろサロン脱毛にしろ、光やレーザーによる脱毛は毛の黒い色素に反応して熱を与えて破壊する方法です。

これらの自己処理はその根っこの黒い部分をとってしまうため、光が反応しなくなります。

また肌のダメージが大きく、毛穴周りの毛嚢炎や埋没毛といったトラブルに繋がります。

脱毛期間中はこれらの自己処理は行わないように注意しましょう。

参考:https://cecile-cl.com/medical/laser/variety/

脱毛前の自己処理で使うシェーバーについて

脱毛前の自己処理で使うシェーバーについて

自己処理で悩むことの一つがシェーバーについてです。

これに関しては、どのクリニックやサロンでも「電気シェーバー」を推奨しています。

剃刀での自己処理もありますが、直接刃が肌に触れるため、肌を切ってしまったり傷つけてしまったりとトラブルの原因となります。

傷のある場合は脱毛もできないので、照射漏れの元にもなります。

ベストは顔用電気シェーバー

脱毛前に使うシェーバーでおすすめは顔用電気シェーバーです。

顔用は、薄い毛や産毛も処理しやすいため、剃り残しが少なく抑えられるという特徴があります。

少しお値段は高くなりますが、数十万円する全身脱毛を成功させるためにも、奮発して購入するのもいいと思います。

中にはアタッチメントを交換することでVIOに対応するものも発売されています。
部位ごとに交換すれば1台で全身を清潔に処理できるので便利ですよ。

Amazon | Vellope レディースシェーバー 女性用シェーバー VIO用シェーバー 電動 シェーバー 眉毛シェーバー USB充電式 1台4役 多機能 ムダ毛処理 顔 脇 腕 ビキニライン 背中 足 全身適用 水洗い可能 レディース | Vellope | レディースシェーバー
Vellope レディースシェーバー 女性用シェーバー VIO用シェーバー 電動 シェーバー 眉毛シェーバー USB充電式 1台4役 多機能 ムダ毛処理 顔 脇 腕 ビキニライン 背中 足 全身適用 水洗い可能 レディースがレディースシェーバーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾ...

自己処理はいつやるのがベスト?

自己処理はいつやるのがベスト?

ベストは脱毛の前日。

ツルツルがいいというのは間違い。
脱毛の際に毛が1〜2mm生えている状態がベストです。

当日ですと、肌が敏感になっていたり、傷つけてしまったりと肌トラブルになりやすいです。
時間が空きすぎると、毛が生えすぎてしまいます。

1〜2日前、前日の夜に行うのがベストでしょう。

部位別自己処理のやり方

部位別自己処理のやり方

VIO

自己処理で一番気になる部位といえばVIOではないでしょうか?

デリケートな部位でもありますし、手が届きにくい部位でもあります。

VIOも3部位に分けることができますので、それぞれにご説明いたします。

Vライン

Vラインは、デザイン照射か、ハイジニーナかで少し変わってきます。

デザイン照射最初の2〜3回は全ての毛を剃る。
それ以降はデザインに合わせる。
ハイジニーナ毎回全ての毛を剃る

Iライン

Iラインは見えづらい上に、細かな凹凸があるので注意が必要です。
顔用シェーバーやVIO専用のものを使いましょう。

Oライン

Oラインに関しては、自分では見えない部位になります。

Oラインは多くのクリニックやサロンで無料で剃毛してくれる場合が多いです。
ただし、クリニックやサロンごとに内容が異なっていますので、無料カウンセリングの際に忘れずに質問するようにしてください。

手の届く範囲

手の届く範囲は必ず自己処理をしてから脱毛に行ってください。
多くのクリニックやサロンが時間単位で施術を行います。
自己処理を行っていないと剃毛代がかかるだけでなく、脱毛時間も短くなり照射漏れの原因にもなります。
効果を最大限にするためにも、手の届く範囲の自己処理は忘れずに前日までに済ませておきましょう。

手の届かない範囲

背中やうなじなどの手の届かない範囲の自己処理はどうすればいいでしょう?

これに関しては、クリニックやサロンによって大きく異なっています。

・手の届かない範囲であっても、自己処理を行うこと
・手の届かない範囲はスタッフがお手伝いします(有料)
・手の届かない範囲はスタッフがお手伝いします(無料)

自己処理を行わなければならないクリニックやサロンの場合は、パートナーなどにお願いして処理する必要があります。

この辺は後でトラブルの元になりますので、無料カウンセリング時に必ず確認するようにしてください。

→無料カウンセリングって何やるの?持ち物は?

顔は産毛が多い箇所です。
顔には顔用のシェーバーを使用してください。

肌を傷つけないよう丁寧に行えば問題ないでしょう。

電気シェーバーを使い脱毛の前日に丁寧に

電気シェーバーを使い脱毛の前日に丁寧に

・電気シェーバーを使用する
・前日の夜に剃る
・肌を傷つけないよう丁寧に
・禁止事項を守る

ここに気をつけて自己処理すれば問題ありません。

脱毛に通うからと、特別視する必要もないかと思います。
もしそれでも不安であれば、通うクリニックやサロンに質問すれば丁寧に教えてくれますから安心していいですよ。

>>ツルスベ素肌トップページへ

タイトルとURLをコピーしました